FC2ブログ

障害者映像文化研究所

≫ EDIT

記録映画「きこえなかったあの日」

 聴覚障害者の映画監督が想いを込めた映像の蓄積が訴えるものが心に響く

 今村彩子監督は、聴覚障害者であり、当事者としての視点でドキュメンタリーを作り続けている。彼女が2011年3・11の東日本大震災の被災地で、聴覚障害者の人々を取材しはじめてからの蓄積を生かしたものが今回の記録映画「きこえなかったあの日」である。
 そこでは、東日本大震災の以降に、その教訓を生かした取組みも記録されている。豪雨の被災地の広島で、聴覚障害者のボランティア部隊が障害者当事者の被災宅を助ける様子が記録されている。こうした映像の集約は今村監督にしか成し得なかった貴重なものである。「難聴と言ったらボランティアを断られたことも…」という女性が被災地での支援活動の思いを語るエネルギッシュな表情が印象深い。そうした活動に参加した障害当事者のパワーに触発される。
 この流れのなかで、手話という聴覚障害者の「言語」が行政レベルで正式に位置づけられるステップも描かれている。それは、度重なる災害の中で、情報を得られず辛い苦労をしてきた人々の痛みを受けて、全国各地で運動を推進してきた努力の結果である。
 このプロセス、そこで得られたもの、いまだに足りないもの――それを問い直す重要な議論の素材とも言える。
 「聞こえない」ことが如何なるバリアなのかを知ると同時に、小さく優しい努力でバリアを越えたコミュニケーションが成立し、心温まる交流が広まることを教えてくれる。
 そして今、コロナ禍のもと、全ての人間が厄災の被災者となり、様々な苦境に立たされている。「被災」がひとつの地域(街)にとどまらない事態となって「他人事」では済まされない時代に、「共助」の意味が深く問われている。
 チラシのメッセージ==『東日本大震災直後に宮城を訪れた今村彩子監督が抱いたのは「耳のきこえない人たちが置かれている状況を知ってほしい」という痛切な思いだった。あれから10年---。手話言語条例の制定が進み、知事の会見に手話通訳がついたり、一部の市町村では役所や公共施設に手話通訳が配置されたりするようになった。日本各地で起こった様々な災害現場でも、手話で会話ができる福祉避難所や、絵や文字による情報保障、そして、ろう・難聴者による災害ボランティアなど、これまで見られなかった新しい動きが生まれていた。2013年に『架け橋 きこえなかった3.11』を発表した今村監督は、現在も宮城に通い、熊本地震、西日本豪雨、新型コロナウイルスの流行といった困難の渦中にいる耳のきこえない人たちの姿を記録し続けている。みんなが安心して暮らせるその日まで---。今村監督がみつめた、耳のきこえない人たちと災害、その10年の記録。』

【2021/116分】[2021年2月27日より新宿K ‘s cinemaで封切し全国順次公開/全国一斉インターネット配信スタート]
スポンサーサイト



| 未分類 | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「43年後のアイ・ラヴ・ユー」

アルツハイマー型認知症を描くおしゃれな映画
「43年後のアイ・ラヴ・ユー」 

 認知症を描いた映画が次々と登場する中での、おしゃれなラヴ・ストーリー。但し、辛く苦しい場面は避け、美しい思い出だけが前面になっているのが評価を分けるだろう。
 主人公は70歳、妻を亡くして友人と共に老後を楽しむ演劇評論家のクロード。新聞記事で若き時代の恋人のリリィがアルツハイマー型認知症で施設に入った事を知る。再会を願った主人公は親友の協力で自らが認知症患者を装い、施設に入り、彼女のそばで暮らすことに成功するのだが…。
 クロードの孫娘は、政治家の父の不祥事、これで悩む母の姿に嫌気がさし、家出して祖父の居宅に来たところ、老人施設に入った事やアルツハイマーの本を見つけ、あわてて母に連絡。驚いたクロードの娘は孫娘と共に駆けつけるが、主人公クロードは本当のことを話せず、認知症のフリを続けざるを得ない。
 クロードは、施設でリリィと親しくなることに成功し、大好きなユリの花を贈ったり、昔の思い出の演劇のセリフを語るのだが、彼女の記憶から彼との恋の思い出は消え去っていた…。それでも、あの手この手でリリィの記憶を取り戻させようと試みすのだが…。
 孫娘に真相を説明することになった主人公は、家出の件を内緒にする代わりに、自分の企みへの協力を頼み込む――それは施設に訪問してくる劇団公演を孫娘たちのグループと入れ替え、シェイクスピアの「冬物語」を演じる中で、リリィにかつての輝ける女優時代の記憶を呼び起こすという計画だったが…。
 主人公を演じたのは、史上最高齢でカンヌ国際映画祭の主演男優賞を受賞した渋い名優ブルース・ダーン。恋人の女優役はカロリーヌ・シロル。軽妙な親友役はブライアン・コックス。絶妙な味わいを含ませた脚本・監督はマーティン・ロセテ。
 2人が恋に落ちていたパリの記憶にシーンが美しく哀しい思い出として心に残る。
[2019年/スペイン・アメリカ・フランス合作/89分]【原題「Remember Me」】    〔2021年1月15日公開〕

| 未分類 | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

記録映画「カミングアウト」

現代中国のLGBTを描く問題作 
 ドキュメンタリー映画「出櫃 カミングアウト」


  過去の時代には同性愛が「犯罪」とみなされ(アジアでは重罪の対象となる国も現存する!)、古い社会通念が根強く残る中国(日本も同様に感じるが…)、共産党政権のもとで社会運動に対し厳しい監視体制が敷かれるなかで、セクシャル・マイノリティはどのように生きているのか…?中国LGBTの叫びを描く作品。
教員をめざす男性は、母を亡くして久しいなかで父親にゲイとの告白をしようとするが言い出せないでいる。食卓を囲む親子の間の会話が途切れ、双方の思いがすれ違う場面に漂う思い…。
 上海で暮らす女性はレズビアンとのカミングアウトをしたものの、長年にわたり、女性としての結婚を期待する母親との関係がうまくいかない…。しかし、お互いに、生き方を変えるわけにはいかない。
 本人にも家族にも責任にない、セクシャリティの属性が、たまたま少数派であるが故に、「異常」と見られたり、迫害視されるという、重大な人権問題について、その国の政府がどのような立場をとるのか、どの国でも注目されるべきであろう。
 そうした若者たちの日常を淡々とカメラが追いかけていく中で「ありのままの自分を受け入れてほしい」という気持ちが素直に伝わってくる優れたドキュメンタリー。現代の中国で、5万人を越える会員を持つというLGBTの若者たちとその親たちの組織の様子を描く貴重な映像が織り込まれている。
  人口が14億を越える超大国・中国で7000万人と推定されるLGBTの存在を真正面から捉えた力作で、監督は1989年生まれの中国出身、留学を機に日本でNHKなどのTV映像の世界に携わる房 満満(ファン マンマン)。東京ドキュメンタリー映画祭2019の短編部門のグランプリを獲得している。
[2019年/日本/54分] 【2021年1月23日に新宿ケーズシネマ封切、順次全国公開】

| 未分類 | 15:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

記録映画「スタントウーマン」

ハリウッドの知られざるヒーロー(ヒロイン?)たちを描く
ドキュメンタリー映画「スタントウーマン」

 ハリウッドの有名な映画でアクション・シーンを演じてきた女性陣の証言とトレーニングの様子、そして登場作品の一部を構成した迫力ある記録映画である。
 車やバイクのスピードあふれる場面、登場人物が高いビルから転落するシーン等な――観客としては、CGで作られているのか、人間が本当に演じているのか、関係は無いのだけれど、よりリアルな映像を生み出すために苦心している映像スタッフは、スタント・パフォーマーを使った緻密な表現を追求していることが良く分かる。昔は女性の役の危険なシーンを、男性スタントが演じていた(カツラ=ウィッグを付けるので「Wigging」と言った)そうだが、偏見や差別を克服して、勇敢なる女性のスタントたちがそのポジションを獲得してきたことが語られる。危険な状況で死亡や半身不随の身体になる事故が起きていたことも明かされる。
 そうしたスタントウーマンの苦闘の歩みを通して、ハリウッド映画の裏側を見せてくれることで「映画の世界の魅力を伝える史上初のドキュメンタリー。「キャプテンアメリカ」(2014)でスカーレット・ヨハンソンのダブルを演じたエイミー・ジョンソン、ハル・ベリーやヴァネッサ・ウィリアムズのスタントとして活躍するシャーリーン・ロイヤー、TV「ワンダーウーマン」(1970年代)や「チャーリーズエンジェル」(1970~80年代)のジーニー・エッパーなど多数のスタントウーマンが出演している。
[2020年/アメリカ/84分] 【原題「STANTWOMEN THE UNTOLD HOLLYWOOD STORY」】
                                            〔2021年1月8日東京封切、順次全国公開〕

| 未分類 | 16:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『つながる・つなげるシネマフェスティバル』リポート

つながる・つなげるシネマフェスティバル:リポート-1
つながる・つなげるシネマフェスティバル:リポート_2

※記事の文字が見にくい場合は、マウスの右クリック→「画像だけ表示」で記事を拡大することが出来ます。

| 紹介 | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT